格安航空券で出張も家族旅行も一人旅も全てお得に♪格安航空券の仕組みについてご紹介

- 予約の状況を把握しておきましょう

予約の状況を把握しておきましょう

予約の状況によっても、飛行機のチケットの料金は変わってくるのです。
予約が埋まってくることにより、料金が高くなります。
そして予約が埋まらない場合には下がってくるということになるのです。

どのような状況なのかを把握する重要性

自分で飛行機のチケットを購入しようとする時には、まずは出発日に対してどのような価格が設定されているかを確認する必要があります。
例えば年末年始や夏やそしてゴールデンウィークなどにおいては、自然に料金が高くなるのです。
そして冬季においては安くなるという傾向があります。
有効期限、滞在都市数、そしてキャンセル料などの条件が厳しいものほど、料金は安くなっていくのです。
混雑状況というものも、とても重要なものです。
安価な正規割引運賃のことをPEXというように言いますが、予約が埋まると料金が上がるのとは逆に、埋まらないことになると下がってくるという、空席連動運賃というものが適用されています。

予約クラスについて取りやすさが変わる!

飛行機のクラスは、ファーストクラスとビジネスクラス、そしてエコノミークラスがあります。
そして航空券のクラスの欄においては、VやTというように書かれているのです。
これは予約クラスという名前のものです。
これが上位であるほど予約が取りやすく、航空代金が高くなるということを知っておく必要があります。

予約が順調な時

もしも予約が順調に埋まっていった場合には、下位のクラスである格安航空券の席の残りがすぐになくなります。
でも想定していたよりも予約率が低いということになった時には、下位のクラスの残りの席が復活するというようなことがありますので、チケットを取る前には状況把握が必要不可欠になるのです。
予約クラスについては

、B、M、H、Q、V、W、T、Lがメインとして利用されていて、

が一番高くて、Lが一番低いクラスになりますので、そういったことを覚えておくと、航空券が今後取りやすくなるかもしれません。

  ← 前の記事:   次の記事: