格安航空券で出張も家族旅行も一人旅も全てお得に♪格安航空券の仕組みについてご紹介

- 国内旅行はお得に賢くジェットスター

国内旅行はお得に賢くジェットスター

飛行機で思い出づくりのために思う存分使うことができます。おいしいものを食べるもよし、観光スポットを増やすもよし、とびきりのお土産を自分や家族のために使うもよし、いろんなことが考えられますので、ワクワクします。今回は、そんなジェットスターについてご紹介します。

ジェットスターってどんなの?

ジェットスターは、LCC(Low cost carrier)とよばれる格安航空会社のことです。機内サービスをできるだけカットし、必要なサービスは、必要な人だけがお金を払って受ければよいという徹底したコスト削減行い、料金の安い航空運賃を実現しています。そのため、正規運賃が安いのも特徴であり、格安航空券といわれます。

安いと安全性が気になるところです。安いものには裏があるではないですが、ただ安いからといってよく知らないのに利用しない人はもったいないです。ジェットスターは、航空安全委員会を社内につくり、安全に関するシステムとモニタリング、社員教育を積極的に行うなど安全に関する取り組みを徹底的に行っています。

そんなに安いの?ジェットスター

セールの赤札
では、格安航空券のジェットスターの金額はどのくらいなのでしょう?安いといっても飛行機ですので、未だ高いと思っている人が少なくありません。エアラインといわれる、大手航空会社の片道運賃は、3万~4万円します。ジェットスターは、空制気状況や時期によっても異なりますが、一番高くても2万円前後です。片道の運賃で往復ができてしまいます。

驚くのは、これだけではありません。エアラインは早い時期に予約したり、正規割引運賃といわれる割引運賃を使っても、1万円を切ることはほとんどありません。制限も出てきます。

しかし、ジェットスターの格安航空券なら、その半額以下で飛行機に乗ることができてしますんです。セールを定期的に行っていまして、セールは予約の早い者勝ちになるんですが、運よく航空券が取れれば、同じ航路をわずか数千円で予約購入することができちゃいます。往復の運賃でも、1万円いかないのです。

ジェットスターを利用するだけで、移動にかかる費用は結構浮きます。浮いたはお金を使って、旅の途中のご飯や観光にまわせます。なんだか得した気分になります。

注意するポイント

安さが売りですが、ここで、注意するポイントがあります。説明したように、機内サービスをカットしてやすい運賃を実現しているのでサービスを利用するには別途で料金がかかることを忘れてはいけません。

どういうことに別途料金がかかるかといいますと、まずは、座席です。窓際や座りたいところにしたければお金を払う必要があります。次に、空港カウンターで手荷物です。大きさや重さで料金が変わってきます。そして、機内サービスです。寒いとき用のブランケットや、飲みもの、スナックなどの食べ物はすべて有料になりますので気をつけてくださいね。

関連記事:

    None Found